名古屋広小路 ナオキ歯科室 審美治療のメリット・デメリット

検診・歯石取り・フッ素塗布・治療のご予約・お問い合わせ
<受付時間>月〜金 9:00〜13:00/14:00〜18:00

  • tel:0120204543
  • tel:0522045454
インターネット予約
  • tel:0120204543
  • tel:0522045454
  • インターネット予約
  • サイトマップ

審美歯科コラム

審美治療のメリット・デメリット

審美治療のメリット・デメリット

歯科治療というと、虫歯の治療や歯のクリーニングなど、予防歯科が中心となっておりました。ただ最近では、歯を美しく見せることを目的として審美治療を行う歯科医も増えてきております。矯正治療とは違い、比較的短期間で歯並びや、歯茎などを綺麗にすることができるので、口内にコンプレックスを抱いている方はとてもお薦めの治療です。
ただ、審美治療を行うことでのメリットもある一方で、デメリットもあります。今回はその両方の面を見ていきたいと思います。

審美治療をする前に確認しておきたい事

審美歯科を受ける前に、必ず確認しておかなければならないことがあります。それが健康保険が適応されるかどうか、そして費用です。みなさんが加入している健康保険は、怪我や病気など、生命に影響のある病気の治療などを受けた際に適応となるのが一般的です。健康保険が適応されない医療のことを自由診療と呼び、治療費は全て患者さん負担となり、その治療費は医院側が決めることができます。ゆえに、自由診療を受ける場合、金額面の負担が大きくなりやすいのです。
審美治療は、健康保険が適応されるもの、されないもののどちらもございます。特に、歯の詰め物や被せ物をする時は、使われる材料や使用する箇所によって保険が適応されるかどうか決まっております。例えば、セラミックや金を利用する場合、健康保険は適応されません。保険が適応されるのは、樹脂かプラスチック、ほぼ同様に硬質レジンなどがあります。また、前歯の白い部分はプラスチックしか認められず、裏側は保険が適応外となります。
このように、治療の内容によって適応となるかどうか細かく分かれております。自分が受ける治療はどんな内容なのか、それは健康保険が適応されるのかどうか、事前にしっかりと確認しましょう。

また、被せ物や詰め物が口に合わず、作り直さなければならないケースも発生します。その場合、作り直す場合の費用は患者が負担するのか、医院側で負担してくれるのか、事前に確かめておく必要があります。ほとんどのケースでは、患者さんが負担することはありませんが、中には支払いを求めてくる歯科医もいるようです。

審美治療のメリット

審美治療を受けることのメリットは何でしょうか。まず一番の大きなメリットは、歯を美しく見せることができることです。歯並びが綺麗だったり、歯が白いと、それだけで清潔感があるように見えます。逆に歯並びが悪かったり、歯が黄ばんでいると、何となく不健康な印象を持たれてしまいます。特に接客業などをされている方、人前に出る仕事をされている方にとって、口元の見え方は重要です。審美治療では、歯の黄ばみを消して白くしたり、歯並びを綺麗に見せる治療が可能なので、コンプレックスが解消されます。
歯や口にコンプレックスを抱えている人は、上手く笑うことができずに、第一印象で損をしていることが多くあります。でも審美治療をして自信を取り戻し、素敵な笑顔を見せることで、魅力的な人になっていくでしょう。
また、審美治療には、歯並びを整えたり、噛み合わせがよくなる治療もあります。例えば食事をする時に、食べ物をしっかりと噛むことで、消化がしやすくなり、代謝もアップします。また歯並びが良いと、歯磨きがしやすくなり、口内の清潔を保つことができます。このように、美しさだけではなく、健康面においても、審美治療はメリットが大きいです。
矯正歯科に比べると、治療期間も短く済むので、長く通院し続ける必要がありません。簡単に歯を綺麗に見せることができる、それが審美治療の一番の利点です。

審美治療のデメリット

一方で審美歯科のデメリットを見ていきたいと思います。まずは、やはり費用面の問題です。治療によっては自由診療扱いとなるため、治療費が高額になることがあります。また医院によって料金も異なりますので、ある程度自分で調べる必要があります。例えば、インプラントという人口の歯を入れる治療があります。これは、一本あたり約30万円から50万円と言われております。他にもセラミックや金の詰め物、被せ物をした場合、実費負担となってしまうので、患者さんの負担が非常に大きくなります。
また、一回の治療で終わらないことが多いです。例えば、ホワイトニングの治療は、1回では施術は終了しません。ホワイトニングを行うと、一旦歯は白くなりますが、放っておくと数カ月で色が落ちてきてしまいます。だから、白い歯を維持するためには、タッチアップホワイトニングを行う必要があります。もちろん、定期的に通う必要がありますので、ある程度長期的なスパンで治療計画を立てましょう。

そして審美治療は、矯正治療と違い、あくまで美しく見せることが目的です。そのため、歯並びが悪くなった根本的な原因を改善することは難しいです。もし、顎を含めて口内を本来の形に戻したいという場合は、矯正治療をすることをお薦めいたします。

いかがでしたでしょうか。審美治療は比較的簡単な治療法で歯を綺麗に見せることができるというメリットがあります。しかしその一方で、治療費が高額になり安かったり、治療期間が長くなることがあるというデメリットもあります。自分に合った治療法は何なのか歯科医と相談の上、治療に望むとよいですね。

審美歯科 コラム

そもそも審美歯科とはなんでしょうか?

そもそも審美歯科とはなんでしょうか?

審美と矯正の違いとは?

審美と矯正の違いとは?

審美治療のメリット・デメリット

審美治療のメリット・デメリット

審美治療及び、それ以外の歯に関して、お気軽にお問い合わせ下さい。

0120-204-543

052-204-5454

<受付時間>月~金 9:00~13:00/14:00~18:00

24時間のWeb予約はこちら

診療案内
  • 自分の歯を守るための予防歯科
  • 毎日が変わる、明るい笑顔にする審美歯科
  • 手軽に白い歯を手に入れる、ホワイトニング
  • 25年以上の実績と症例数のインプラント治療
  • 噛めない、痛いをあきらめられない方へ義歯・入れ歯
  • 最治療のない精密な虫歯・歯周病治療
  • 顎の痛み・口内炎でお困りの方へ口腔外科
  • ドクター、スタッフの日常をご紹介
  • インスタグラムで日々の様子を写真でご紹介
  • 名古屋広小路ナオキ歯科室ではスタッフを募集しています。
ページの先頭へ戻る