2015年10月21日

虫歯の話

 

 

今日は虫歯の話です。
虫歯がどうやってできるか知っていますか?

歯に付着した歯垢には細菌が含まれます。その細菌が食事や飲み物に含まれる糖分を酸に分解します。そして時間が経つとその酸によって歯が溶けていく、これが虫歯です。
簡単にいえば歯に汚れがついた状態で甘いものを食べて放置していると虫歯になっちゃうんです。

ただ唾液の量や質、歯の強さ、遺伝的な要因などにより虫歯のなりやすさは人それぞれです。
歯磨きをしっかりとしていなくても虫歯にならない人もいれば、しっかり歯磨きしているつもりでも虫歯ができてしまう人もいます。

そこで当院では一人一人の患者様の口腔内環境に合わせた予防をご提案します。

まず自分が虫歯になりやすいかどうか、何が原因で虫歯になりやすいのか専用の機械で検査をします。
科学的な結果をもとに、その人にあった予防法をご提案します。

ただ削って詰めるのではなく、虫歯になりにくい環境を作りましょう。

CRT(カリエスリスクテスト)  ¥3000(税別)

どうやって検査するのか、どんなふうにわかるのか、ぜひこちらをご覧下さい。
カリエスリスクチェック
3種類の検査方法

ご希望の方はご予約の際に虫歯の検査希望とお伝えください。